チェコ、スロバキア、ハンガリー、オーストリアへ行ったのでまとめる

投稿日:



少し前になりますが、友人たちと中央ヨーロッパを旅した旅行記の再まとめです。

中欧旅行1日目 ~アブダビ、ミュンヘン~

夏休みの休暇を利用して、中央ヨーロッパに旅行に行くことに。なるべく結婚してからは行けそうにない場所へという事で、今回はチェコ、スロバキア、ハンガリー、オーストリアの主要観光地をレンタカーで周るプランを計画した。

110812-1.jpg
周遊計画

計画したのは6月中旬と遅めだったので格安チケットの手配が難航した。アブダビ経由ミュンヘン行で航空券約10万円、燃油サーチャージなど諸費用を含めて15万円で収まる航空券を発見!航空会社をみるとエティハド航空!?聞き慣れない航空会社にドキッとしたが、ANAマイレージがたまる事もあり即決した。この選択が吉と出るのか凶とでるのかはあとでのお楽しみかな。

セントレア空港を21時40分発と遅めの出発。アブダビ行の機内では、自分だけ画面が故障していてアプリが見られず、かつ前席の外人がいきなり席を倒すというKYっぷり・・・。唯一の楽しみとなった機内食が全部美味しかったので最悪の自体だけは免れたが先が思いやられる・・・。スチュワーデスさんは最初外人だと思っていたが、日本人だった。酒は20歳以下はダメよ!って言われたんで19歳ですと答えたら、「ほんまでっか!
」って言われた。関西人かい!

110812-2.jpg
機内食は普通にうまかった

~アブダビ観光~

アブダビに到着したのは翌日の早朝6時。早朝というのに、気温34度・・・カラッとした暑さだからそこまで暑くないかなと思っていたが、普通に暑かった。次のアブダビーミュンヘンのフライトは14時30分発。8時間以上も時間があるため、市内観光をすることにした。

アラブ首長国連邦の通貨はディルハム。11年8月現在で1ディルハム約20円。ATMでクレジットカードのキャッシングを利用して、300ディルハムを下ろすことにする。キャッシングは窓口両替所と比較して割と良いレートで両替できるのでオススメ。クレジットカードによっては利用できないものもあるみたい。(今回はライフカードは○、TSキュービックカードは×でした)ライフカードは帰国後サポートデスクに電話して振込先を教えてもらい、即返済できました。利息は4万円を数日借りて100円ちょい。安い!

110812-3.jpg
空港にあったエミレーツ銀行のATM

市内観光は予め調べておいたシェイクザイードモスクを訪問することに決定。一面大理石で敷き詰められたインドのタージマハルを連想させる建造物だそう。空港のインフォメーションで聞いてみると、モスクの場所が郊外に位置するため、タクシー移動しかないと言われた。タクシーでアブダビ市街まで80ディルハム程度と割と安く行ける。

110812-4.jpg
シェイク・ザーイド・モスク

タクシー乗り場付近で日本人女性に声を掛けられる。お一人でドイツの彼氏に会いに行くとか・・・。僕らと同じで乗り継ぎの時間を持て余しているようだ。オススメの場所を聞くと、エミレーツパレス(大統領府)なんかが見所らしい。タクシーの運ちゃんにエミレーツパレスに行った後、モスクに言ってくれと伝えていざ出発!(ちゃんと乗る前に料金がどれくらいかかるか確認しよう)

110812-5.jpg
エミレーツパレスを遠くから・・・

途中ガソリンスタンドがあったが、産油国でもあるUAEのガソリン価格はどれくらいだろうということで運ちゃんに聞いて見る事に。54リッターで87ディルハムということは大体リッター30円くらいか・・・日本の5分の1くらいなんですね!

110812-6.jpg

運ちゃんは何故かモスクへ先に向かってしまう。まあ通り道だからいいんだけど。やたらグルグル同じ道を回るし、ひょっとして運賃を稼ごうという作戦か!?モスクは9時からなら開くよと門番に確認し、時間も早かったので結局エミレーツパレスに先に行くことになった。エミレーツパレスに着くと、「Today is Friday.」と言われて門の中への立ち入りを禁じられた。金曜はやってねーのか・・・まあそろそろモスクがopenするし、そっちへ行こうぜってことでモスク戻ってみると・・・「Today is Friday. Tomorrow is O.K.」完全に騙されました。ぜってー運ちゃん今日は休みやって知ってたやろ!外観の写真だけ撮って退散。運ちゃんしつこく「フェラーリサーキットもあるぜ」って次の観光地提案して来るんやけど・・・後で調べるとイスラム教では金曜日が礼拝の日らしく、商店などほとんどお休みになるらしい。加えてラマダンの月にかぶっていたようで・・・完全に調べが足りていませんでした。

110812-7.jpg
マックも閉店・・・深夜営業らしい

「イスラム国家では金曜日に要注意」


~ミュンヘン入り~

14時30分発の便でミュンヘンへ向かう。
アブダビからミュンヘンまでは6時間25分のフライトです。アブダビとミュンヘンの時差は2時間で現地には18時55分に到着。

110812-8.jpg
近代的なミュンヘン空港

到着してまずやることとしては通信手段の確保。現地のSIMカードを入手し、モバイル接続にトライ。TーmobileのSIMカードを探しましたが、ミュンヘン空港にはどうやらなさそう。blauというキャリアのSIMをターミナル2の電気屋で発見しましたが、とりあえず購入は保留。20ユーロで10ユーロ分のクレジットがついているみたい。

http://www.blau.de/

時間も押しているので、レンタカーを借りに行きます。今回も世界チェーンのHertzを利用しました。VWのPoloを予約していましたが、同クラスの車種がないとのことでアップグレードを勧められました。結局、1.6lディーゼルエンジンMTのFord Focusを借りました。任意保険のスーパーカバーに入って1週間レンタルで480ユーロ。日本とあまり変わらないくらいかな?やたらFreeLander(ランドローバーのゴツイやつ)を勧めてくるドイツ人の受付のおばちゃんが半端なかった。

110812-9.jpg
レンタルしたFord Focus

レンタカーで1泊目の宿へ向かいます。時間は9時なのに若干明るい。ドイツは左側通行、高速は制限速度無制限区間があります。今日は1日目なのでとりあえずおとなしく速度を抑えておきましょう。ホテルに到着したのが遅かったので、夕食は抜き。明日からのハードスケジュールに備えてゆっく休みます。

110812-10.jpg
Leonardo Hotel & Residenz Muenchen

中欧旅行2日目 ~プラハ~

今日は朝早く起きてプラハへ400km弱の道のりをレンタカーで進みます。アウトバーンの無制限区間をアクセルベタ踏みで200km/h出ませんでした・・・やっぱりベンツ、BMWじゃないとアウトバーンでは満足出来ません。

110813-1.jpg
道幅広いアウトバーン

ドイツは高速は無料ですが、チェコ、スロバキア、
オーストリア、ハンガリーは有料です国境直前にある券売所で高速券を購入し、フロントガラスの見えるところに貼り付けます。チェコの高速料金は10日間で250チェココルナ。日本円で1500円くらいです。

110813-2.jpg
国境にある高速チケットの券売所

110813-3.jpg
チェコ高速のチケット

プラハへ到着後、ホテルへチェックインします。市街へは地下鉄で行くことに。地下鉄は一日券を窓口で4.5ユーロで購入しました。チェココルナは持っていなかったのですが、ユーロが使えました。

110813-4.jpg
チェコメトロの1日券

110813-5.jpg
購入後改札機に通しましょう

まずは腹ごしらえ。市街にある猫というお店で遅い昼食をとります。チェコの伝統料理が食べれるらしく、お値段もかなりお手頃でした。ピルスナーというチェコの有名なビールを注文。パンとお肉にソースをかけた伝統料理も美味しかったです。

110813-6.jpg
伝統料理グヤーシュ

腹ごしらえした後で、プラハ城へ向かいました。聖ヴィート教会はゴシック建築の荘厳な眺め。上部にある展望台への入場料は150チェココルナ。現金のみ受付だったため、両替所で換金しました。しかし、観光地の換金所というのはレートが悪いですね・・・展望室へはひたすら螺旋階段を登る。運動不足で気分が悪くなりました。高齢の方は絶対無理だと思います。頑張った分、展望室からの眺めは素晴らしいものです。オレンジ色の屋根にドナウ川の流れ。中世ヨーロッパに足を踏み入れた気分になれます。

110813-7.jpg
聖ヴィート教会

110813-8.jpg
プラハの街並み

その後、歩いてカレル橋へ。雨がかなり強く降ってきました。ヨーロッパは夏でも涼しく、雨が降ると結構寒い。橋の両側には時代を感じさせる石像が沢山並んでいました。

110813-9.jpg
雨のカレル橋

チェコではボヘミアンガラスが有名です。Erpetという旧市街広場の前にあるお店へGo。ボヘミアンガラスはカットが深く鋭く繊細で一目惚れしてしまう。ガラスコップ2つで3500チェココルナ(1万5千円くらい)とそれなりのお値段だったが、2001チェココルナ以上で免税となるらしく、お買得だと思って買うことにしました。

110813-10.jpg

6時に市街の時計台の鐘がなるとのことで見物した。カラクリはいまいちだったが、ものすごい見物で盛り上がり。最後は人がラッパを吹いていました。

110813-11.jpg
旧市街広場にある時計台

今日は本当に歩きまっくった。5km以上は歩いたと思います。足がパンパンです。最後にプラハ本駅へ向かう時にはくじけそうになりました。プラハ本駅は近代的な駅に生まれ変わってます。旧駅舎も残っており、その眺めもなかなか美しいものです。

110813-12.jpg
近代的なプラハ中央駅

ATMでクレジットカードを使ってチェココルナをキャッシング。海外で現金が必要なときはキャッシングを利用し、請求が来た時点で直ぐに返済すれば手数料もほとんどかからず、良いレートで現金を調達できます。夜メシはプラハ本駅で簡単に済ませました。疲れたので、早々に就寝。

中欧旅行3日目 ~ブラチスラヴァ、ブダペスト~

プラハを満喫して、次はブダペストに向かいます。
総走行距離520kmということもあり、
ホテルで朝食をとり、朝8時前には出発。

高速道路近くのホテルをとっていたのでスムーズに高速に乗れました。
あとはひたすら走るのみです。チェコ、スロヴァキア、ハンガリーも
制限速度130km/hなので思ったより近くに感じました。

国境では、チェコ同様高速道路チケットを購入します。
これをフロントガラスの見える位置にはっておきます。
10日間で7ユーロ、なんでこんなに安いのか?
日本も休日1000円とか夜間半額とかやめてしまえばいいのに・・・.

110814_1.jpg
スロバキア国境チケット売り場

110814_2.jpg
スロバキア高速チケット

途中、スロヴァキアの首都に立ち寄りブラチスラバ城を観光。
プラハと比較して見劣りする印象を受けたが、ドナウ川を見下ろす
景色はなかなかのものでした。
このままではハンガリー観光の時間がなくなるので、早々に出発。

110814_3.jpg

ブラチスラバ城

110814_4.jpg
城から見下ろすドナウ川

あまりにも気持ちいいドライブでハンガリーとの国境を通り過ぎ、
下道で10km戻るという失態をしてしまった。
ハンガリー国境でも高速チケットの購入が必要となる。
高速料金は4日で7.5ユーロとこちらも格安。

110814_5.jpg
スロバキア-ハンガリー高速

110814_6.jpg
ハンガリー国境券売所

14時にはブダペストのホテルに到着、ホテルは豪華に見えたが、
入ってすぐ扇風機があり、なぜ?と思ったらエアコンがなかった。

110814_7.jpg
ハンガリーホテル

ホテルをでて、すぐにハンガリーの通貨フォリント
(1フォリント=0.4円)をゲットすべく銀行に直行。
ドア越しにATMは見えるのにドアが開かない・・・。
諦めて他を探そうとした時、銀行前でお茶してたハンガリーの
ねぇちゃんにホテルのカードのように使えば中に入れることを教えてもらう。
そこで2万フォリントをクレジットキャッシングで引き出しました。

110814_8.jpg
ATMで2万フォリント(≒8000円)をゲット

最寄りのメトロ駅に行き、チケットを購入。
1日券にしようとしたが売り切れと云われ、シングルチケットを購入。
シングルチケットは乗る前に検札機に通しましょう。
シングルチケットではデラーク広場駅で乗り換え不可だと知り、結局一日券を購入。
乗り換える場合は場合はトランスファーチケットが必要なので注意。

110814_9.jpg
メトロシングルチケット(320フォリント)

110814_11.jpg
メトロ24時間チケット(1550フォリント)

110814_10.jpg
メトロ検札機

その後、マックで腹ごしらえをしてすぐにブダ城に向かった。
漁夫の砦から見るペスト地区の景色に一同感動した。
三位一体の像を抜け、楽しみにしていた地下迷宮は
「技術的な問題」により休業中だった・・・

110814_12.jpg
ビックマックは世界共通

110814_13.jpg
漁夫の砦

110814_14.jpg
ドナウ川とブダペストの街並み

110814_20.jpg
三位一体の像

その後、くさり橋を渡り市街へ戻ることに。
英雄広場の近くにある「クンデル」という高級ハンガリー料理店で夕食。
3人で77000フォリントの大出費でした。
生演奏付きでマジ半端なかった。

110814_15.jpg
くさり橋

110814_16.jpg
英雄広場

110814_18.jpg
高級ハンガリー料理店 クンデル

110814_17.jpg
オーケストラ生演奏

ブダペストは「東洋の真珠」と呼ばれるほど綺麗な街並み。
その夜景もまた絶景です。
夜景はゲッレールトの丘から見るのがオススメ。
徒歩では厳しいため、タクシーを呼んでもらい
夜景を見ている間、運ちゃんに待機してもらうことにした。

110814_19.jpg
ゲッレールトの丘から見るブダペストの夜景

中欧旅行4日目 ~ブダペスト、ウィーン~

ハンガリーは温泉大国とも言われています。
温泉なんて日本だけかと思っていましたが、
まさかヨーロッパで入れるとは思ってもいませんでした。
温泉はいくつかありますが、セーチェニ温泉に行きました。
行ってみると日本の温泉とは雰囲気が違う。
お湯もかなりぬるめやし、どっちかというとプールと言う感じ。
朝早かったので結構寒かったよ・・・

110815_1.jpg
セーチェニ温泉

それからブダペストのシンボル国会議事堂見学に向かいます。
名物のハンガリー王冠を見るためには、
ガイドツアーに参加する必要が有るようです。
事前に予約していなかったので行列に並ぶはめに・・・
何とか午前中のドイツ語のツアーに空きがありました。
Alan1.netで事前予約をオススメします。
http://www.alan1.net/

110815_2.jpg

110815_3.jpg
ハンガリー国会議事堂

国会議事堂ツアーまで時間があったので、
ハンガリーの有名な陶磁器店「ヘレンド」に行きました。
とても買える値段のものが無かったので購入は諦めました。
カップとソーサーセットで2万円以上するわ。
友人のT君は色々手を出してしまったみたいですが。

110815_4.jpg
高級陶磁器「ヘレンド」

国会議事堂ツアーは40人くらいのグループで回ります。
ドイツ語が全く分からずにいると、ツアーの入り口で
仲良くなった外人さん(なんと大学教授)が
要点を英訳してくれました。
なんとまー親切な人がいるもんだ。サンキュー!
王冠は厳重に兵士に守られていました。
歴史を感じるな~

110815_5.jpg
ハンガリー王冠

さて、ブダペスト観光も終わりホテルをチェックアウトして
ウィーンへ向かうかというところでハプニングが。
なんか車のワイパーに紙が挟まってる・・・
ハンガリー語なのか全く読めません。
嫌な予感がしつつホテルのフロントに聞いていみると
やはり駐車違反の切符でした。
違反金どこで支払うんや!
こりゃとんだタイムロスと思っていると、
すぐ近くの郵便局で支払えるらしい!
郵便局に持って行って罰金6000フォリントお支払い。
それにしても日本円で2400円くらいだから、
つくづく日本の罰金は高いと思う・・・

110815_6.jpg
駐車違反切符

110815_7.jpg
郵便局

罰金支払いも無事にすんだので、ハンガリー高速、
オーストリア高速を使って一路ウィーンへ。
途中、オーストリア国境で高速チケットを買います。
10日券で2280フォリント。(1000円弱)

110815_8.jpg
オーストリア高速チケット

ウィーンのホテルの部屋は結構広くて綺麗。
これまでの中欧の国よりは、先進国な感じ。
とりあえず外を散策して見ることにします。
しかし、生憎の雨。
ベルベデーレ宮殿に行ってみる。
時間が遅かったので、中には入りませんでした。

110815_13.jpg

110815_9.jpg
ベルベデーレ宮殿

とりあえず夕食を済ませることに。
Wienerwaldというレストランに行きました。、
とにかくチキンがでかい!
とても日本人では食べきれませんでした・・・

110815_10.jpg
レストラン Wieneerwald

夜は楽友協会でモーツアルトクラシックを堪能。
かの有名なウィーン・フィルハーモニーの本拠地だ。
内部はきらびやかな金の装飾で輝いている。
フィガロの結婚やアイネ・クライネ・ナハトムジーク
などお馴染みの演奏を聞くことができ満足。
端の席だったが一人50ユーロならまあ安いか。
予約はClassicticでできます。
http://www.classictic.com/jp/

110815_14.jpg
楽友協会

クラシックの後はカフェザッハトルテでデザート。
24時という深夜まで開店しているのはいいね。
オリジナルのトルテと紅茶で約10ユーロ。
濃厚な甘みがたまらんっす。

110815_11.jpg
カフェザッハトルテ

110815_12.jpg
ウィーン地下鉄(片道1.8ユーロ)

中欧旅行5日目 ~ウィーン、ハルシュタット、ザルツブルク~

中欧旅行もいよいよ終盤。
今日は朝からシェーンブルン宮殿へ向かいます。
市内からは少し離れているため、地下鉄で移動。
路線は割と沢山あって交通が発達している。

110816_1.jpg
地下鉄路線図

8:30の開館と同時に入場します。
王宮とセットで入場できるシシィチケットを
22.5ユーロで購入しました。
朝早く行ったので割とすんなり入場できましたが、
T君はリュックサックで持ち込み禁止だったので
預けるのに手間取りました。
(リュックサックで来ると色々めんどい)
敷地は広大。
パリ郊外のベルサイユ宮殿を思い出します。

110816_2.jpg
シェーンブルン宮殿

その後、市街へ戻って王宮へ向かうことに。
途中シュテファン寺院を見学。
モーツアルトとコンスタンティンが
結婚式を挙げた場所だとか。
ついでにモーツアルトハウスも見学。

110816_3.jpg
シュテファン寺院

110816_11.jpg
モーツアルトハウス

ウィーン市街は結構栄えてます。
GUCCIやヴィトンなどひと通りの
ブランドショップがあり町中はきれい。

110816_12.jpg

110816_4.jpg
ウィーン市街

王宮へ着いたのはもう昼前。
今日中にハルシュタットへ寄ってザルツブルクに
たどり着けるか雲行きが怪しくなってきた。
とにかくマキマキで王宮を見学。
1時間以内で見学終了。
ホントは3時間くらいないと見きれないと思います。
我々の旅は時間との戦いですから。
昼飯はマックのドライブスルーで済ませ
早々にハルシュタットへ向かいます。

110816_5.jpg

110816_6.jpg

110816_7.jpg
王宮と美しい装飾品

ウィーンからハルシュタットまでは車でおよそ3時間。
下道しかないため、結構時間が掛かる。
ハルシュタットは世界一美しい湖畔の町。
その名に恥じない美しい景色を見ることができた。
老後はこんな町に住みたいな。

110816_8.jpg
昼飯のマックドライブスルー

110816_9.jpg
世界一美しい湖畔の町ハルシュタット

ハルシュタットから車で1時間半で
夕暮れのザルツブルクにようやく到着。

110816_13.jpg
夕暮れのザルツブルク

110816_14.jpg
今日のホテル

ザルツブルクはサウンドオブミュージックの町。
映画の撮影スポットが至る所にあるんです。
ということでサウンドオブミュージックの
ミュージカルを見ることにします。
シュテルンプロイというレストランで開催されています。
予約はClassicticから行いました。
http://www.classictic.com/jp/
夜ご飯を食べてからミュージカルに向かいます。
ミュージカルは英語ですが日本人が出演していて驚きました。
こんなところで活躍されている日本人がいるのですね。
凄く尊敬します!

110816_10.jpg
夕ごはんはジャンクフード

110816_15.jpg
レストラン 「シュテルンプロイ」

110816_16.jpg
サウンドオブミュージックのミュージカル

帰国

6日間でUAE、ドイツ、チェコ、スロバキア、ハンガリー、オーストリアの6カ国を回る過酷な旅でしたが、非常に充実した旅になりました。恐らくこんな旅は2度とできないでしょう・・・ 

【かかった費用】

一人あたり244,352円(おみやげ除く)

航空券代(名古屋-ミュンヘン) 
146,570円

宿泊費(5日分) 
25,006円

食費 
66,010円

交通費(レンタカー、ガソリン、公共交通機関)
34,949円

入場料
15,787円

参考HP

チェコでの運転注意事項
スロバキアでの運転注意事項
ハンガリーでの運転注意事項
オーストリアでの運転注意事項

世界のプリペイドSIMカード
中欧5カ国周遊
東欧レンタカーの旅
ブダペスト駐在生活

海外格安ホテル予約 HotelClub Expedia オクトパストラベル Hotels.com
海外格安航空券予約 AB-Road FreeBird 航空券.net
海外格安レンタカー予約 Expedia



ブログランキング・にほんブログ村へ  ブログランキング・にほんブログ村へ

- スポンサードリンク -